マジェスティC/YAMAHA MAJESTY C



定番のブラックやホワイトも捨てがたいが、フルエアロSETにより外観のボリュームを増し、いっそうグラマラスになったマジェCとのカラーマッチングは完璧と言って過言ではないだろう。メッキパーツのアクセントもバツグンに効いており、ラインストーンで装飾されたエンブレムもインパクトありだ。4スピーカーオーディオシステムの奏でるサウンドも迫力満点で、至福のクルージングタイムを存分に味わえる。もちろんサスもシートもローダウン仕様で、内容もルックスも完成度は高い。マジェスティ(4D9)が登場しても、マジェCはまだまだ現役であることがうなずける秀逸さだ。

548,000円(税込)


クルーズに欠かせないサウンドも、4スピーカーシステムならではのゴキゲンな音響できっちり楽しめる。もちろん4スピーカー対応アンプで駆動するから音量&迫力も十分だ。深いトーンのボディカラーとメッキパーツのコントラストはコクピットまわりにも惜しみなく採用される。

ダイアモンドカットシートは定番エナメルブラックより艶めかしさ数段UPのルビーレッド仕立てでローダウン加工済み。エクステリア全体のトーンをシックに抑えながらラグジュアリー感を打ち出すカラーセンスは見事なもの。タンデムバー&バックレストも装着済み。

絶妙なサイレンサーアングルをみせるMIDUPステンレスマフラーは、ステンレス特有の鈍く光る質感がボディカラーにベストなマッチングをみせる。メッキスイングアームカバー&ローダウンサスを組み合わせることですきのないサイドビューを演出。

フロントアンダーとリヤアンダーにはLED組み込み済みなので、足まわりのメッキパーツ群によるイルミ効果がひときわ映える。さらにテールまわりにはフルLEDユーロテールウインカーをビルトインしており、蒼白と紅蓮の対比を見せるリヤビューは必見といえる。

押し出し感のあるド迫力フェイスはもちろんオリジナルデザインのもの。凝りに凝った面構成は、まるでアートのような造形美を見せる。深いトーンのルビーレッドが独特の陰影を創りだし、"生き物"のような表情をもたらすことにも注目だ。

スポーティな5連ホワイトメーターを包み込むようにセットアップされたダッシュまわりには、効果的にメッキパーツが配されて高級感もあわせもつ。これでもかというほど多用されるビレットパーツ群も、選択センスのよさで嫌味なくまとめ上げられている。

■カスタムメニュー
4発用オーディオ・アンプセット◎30,000円/LED◎30,000円相当/フルLEDユーロテールウインカー◎24,600円/スピーカーボード◎30,000円/メッキプーリーカバー◎11,000円/インナーメッキSET◎25,000円 ←これ使ってないのでは?/メッキフォークカバー◎6,500円/メッキスイングアームカバー◎8,000円/メッキショートセンタースタンド◎7,000円/メッキローダウン用サイドスタンド◎5,000円/エアクリーナー◎15,000円/ビレットレバー◎5,000円/MIDUPステンレスマフラー◎32,000円/オリジナルマスク◎29,800円/フェンダーレスKIT◎3,500円/ローダウン同色シート◎16,800円/アルミステップボード◎8,800円/タンデムバー&バックレスト◎16,000円/フルエアロSET◎75,000円/ローダウンサス◎39,800円