スカイウェイブタイプM/SUZUKI SKYWAVE250 TYPE M



大柄なボディで居住性バツグンのスカイウェイブシリーズ。なかでもタイプMはSECVTを装備しており、DOHCの回転フィールを存分に味わえる7速マニュアルならではの走りがポイント。オーディオシステムやLEDは未装備だが、後づけで好みのものをチョイスする楽しみも残っており、ここからさらに自分らしい1台へと仕立てることも十分に可能。また現状ではイルミ効果は狙えないが、アップマフラーのエキパイ、アルミステップボード、メッキフォークカバー、メッキスイングアームカバーなどにより、足もとを効果的に引き締めることにも成功している。

538,000円(税込)


スカイウェイブシリーズのダッシュまわりは、収納力の高さも特筆しておきたいポイントだ。そういったノーマルの使い勝手の良さは活かしつつ、効果的にビレットパーツでアクセントをつけたところが◎だろう。シックなカスタマイズの参考としたいところだ。

座面のみダイヤモンドカットパターンを採用したエナメル調シートは、切り返し部にパイピングを施して高級感のある仕立てとされている。またアルミステップボードも装着され、コクピットはさり気なくオトナのテイストにあふれている。

迫力のアップマフラーとメッキスイングアームカバーにより、スポーティにまとめあげたリヤアンダー部。タイプMならではの走りの良さを、ルックス的にもさらに高めるカーボンサイレンサーが光る。もちろん性能向上にも欠かせない装備だが、音質もオススメだ!

走り重視のスカイウェイブらしさはいっさいスポイルせず、品良くまとてシックさをあわせもつスタイリッシュなエクステリアを形成。やみくもに豪華仕立てとするのではなく、お洒落なオトナテイストを感じさせるところがGoodだ。

ただでさえ切れ長のつり目で存在感のあるスカイウェイブシリーズだが、プロジェクターLEDヘッドライトを組み込んだオリジナルフェイスによって押し出し感を強め、見た目のインパクトはかなりのものとなっている。

センター部のデジタル液晶を挟み、大小のアナログメーターで構成した5連メーターがスポーティに印象づけるスカイウェイブTYPE M。ビレットパーツを巧みに組み合わせ、スポーツマインドを刺激しつつ高級感もしっかりと演出。

■カスタムメニュー
プロジェクターLEDヘッドライト◎26,250円/LEDテール◎19,800円/アップマフラー◎23,000円/アルミステップボード◎8,800円/メッキフォークカバー◎10,000円/メッキクランクケースカバー◎23,000円/メッキスイングアームカバー◎11,000円/オリジナルフェイス◎23,000円/ビレットレバー◎5,000円